契約書作成サービス/個人・法人・在日外国人向けサービス/李国際法務行政書士事務所泣き寝入りしない中国との契約書作成サービス。
お気軽にお問い合わせ下さい
連絡先:078-331-3390
事務所地図
・代表執筆によるブログ国際行政書士になるぞ!
を公開しました。
相談会を毎週火曜日の
13時から実施中(要予約)。
いずれも13時〜18時
【相談内容】
内容証明・債権回収
外国人登録、永住権、帰化申請
遺言書作成
 

今だけの特典
(先着10名様)

当事務所にご相談・お申し込みいただいた方に 「失敗しないための契約書作成のポイント」のPDFファイル無料で差し上げます。
先着10名様対象となっておりますので、この機会にお気軽にご相談・お申込みください。

李 国際法務行政書士事務所 契約書作成サービス

 お客様のタイプに合わせて3つのプランをご用意しております。

プラン名
対象

(1)完全作成プラン

契約書の作成を全てお任せしたい方。 詳細

(2)チェックプラン

自分で作成した契約書に間違いがないか確認してもらいたい方。詳細

(3)顧問契約プラン

日常業務において契約書を利用する機会が多く、契約書のチェックや作成を定期的、継続的に依頼したい方。詳細


(1)完全作成プラン

【内容】 契約書作成の面倒を、お客様のご要望に基づき、最初から最後まで見させていただきます。
【仕事の流れ】 1、ヒアリング:お客様がどのような内容の契約書を作成したいかについて、お聞きさせていただきます。
2、作成(当事務所):ヒアリングに基づいて、当事務所で契約書を作成いたします。
3、確認(お客様):当事務所で作成した契約書をお客様に確認していただきます。
4、変更、追記、修正:必要に応じて、契約書の変更や修正や条項の追加記入を行います。
5、納品: 完成した契約書を書面もしくはメールにて納品いたします。
【金額】 12万円〜

 

ページトップへ

(2)チェックプラン
【内容】 お客様が作成された契約書を法的に問題がないかチェックさせていただきます。
【仕事の流れ】 1、作成(お客様):お客様自身で契約書を作成していただきます。
2、チェック(当事務所):お客様が作成した契約書を当事務所で法的な問題や不備がないかチェックいたします
3、確認(お客様):当事務所でチェックした契約書をお客様に確認していただきます。
4、確認(当事務所):当事務所で、再度契約書の確認を行います。
5、納品:完成した契約書を書面もしくはメールにて納品いたします。
【金額】 6万円〜

 

ページトップへ

(3)顧問契約プラン
【内容】 日常業務において契約書をよく利用する方のために、契約書のチェック及び作成の面倒を月単位で見させていただきます。
契約書のチェック・作成を個別ではなく、まとめて依頼する方が手間と費用の両面から考えてお得ですので、顧問契約プランを強くお勧めいたします。
【仕事の流れ】 1、ヒアリング:お客様の業務においてどのような契約書が必要かお聞きさせていただきます。
2、見積もり:顧問契約の内容と顧問契約料をご提示させていただきます。
3、ご契約:お客様のご了承をいただきましたら、顧問契約を交わします。
4、顧問契約の開始:顧問契約のサービスを開始いたします。
【金額】 月10万円〜

 

ページトップへ


李 国際法務行政書士事務所 サービス一覧

 当事務所のご提供サービスの一覧表です。

中国(香港・台湾含む)進出企業向けサービス
各種契約書の作成
会社設立手続き
現地政府との折衝
フィージビリティ・スタディ(FS)の作成
進出場所の選定
翻訳・通訳
社内規定の作成
債権回収

法人向けサービス
契約書作成
株式会社/有限会社設立
翻訳・通訳サービス
会計記帳・決算書類作成
議事録作成
公庫など金融機関に対する融資申し込み

在日外国人向けサービス
帰化許可申請
永住許可申請
在留特別許可
在留資格認定証明書交付申請
在留資格変更許可申請
在留資格取得許可申請
在留期間更新許可申請
就労資格証明書申請
     パスポートの更新延期・交換       

個人向けサービス
遺言書起案及び作成指導
遺産分割協議書
内容証明郵便作成
債権回収の実務、事実確認、
財産調査、証拠収集など
離婚協議書の作成

 

ページトップへ


香港の会社設立サービス 

  お客様からよく受けるご相談を下記にまとめました。
  香港での会社設立には特別な知識が必要となります。 当事務所では、経験に基づくお客様に合ったプランをご提案いたします。
  • 日本でも活動できるのでしょうか?
  • 香港に手続きに行く必要はあるのでしょうか?
  • 香港会社の日本支店登記をせずに営業活動を行うことも可能と聞いたのですが・・・?
  • 1円法人(確認会社)と比べてどちらが早く設立できますか?
  • 香港に銀行口座を開設する必要がありますか?
  • 現在、個人事業主ですが、香港会社を設立するには一旦廃業届けを出さなければいけないのでしょうか?
  • 日本で支店登記した場合、会社名の表記はどうなるのですか?また、株式会社を名乗ることは出来るのですか?
  • 語学力(英語、中国語)がなく、法律知識もありません。こんな私でも香港会社の設立は出来ますか?
詳しくは当事務所までお問合わせください。

ご相談

ページトップへ
Home契約書作成のポイントサービス料金体系代表の紹介事務所紹介相互リンク特定商取引法に基づく表記
李 国際法務行政書士事務所
〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町79番地 日本ビルヂング207
TEL:078-331-3390/FAX:020-4665-7992